まる。っとぶろぐ

好きな事を、好きなだけ、まる。っと発信。

【書籍レビュー】聴くだけで頭が良くなる「速読脳」 聴き始めて感じる速聴の3つのメリットと1つのデメリット

f:id:marutime:20210512235120j:plain

 

 

押忍!

 

 

オラ、まる。ちゃん、

 

 

今回は、学生時代に出会った、

「速聴」ついて語っていきたい。

 

 

この世界を知った事で、気づけば、

コミュニケーションの苦手意識が薄れ、

アイディア力や知能向上に恵まれたと感じている。

 

 

速聴とは、文字通り、倍速で音声を聴いて、

脳の力を引き出して、アップさせるメソッドである。

 

 

例えば、2倍、3倍、4倍と、

いつもよりも速く聴く事で、脳の回転を良くする、

 

 

その結果、記憶力がアップして、

資格試験の合格や、ボケの防止、

 

 

他にも、相手が言おうとしている内容を

理解しやすくなって、コミュニケーション力がアップし、

人間関係に恵まれやすくなったり、

 

 

頭の回転が速くなる事で、アイディアが浮かびやすくなり、

発想力が上がる、クリエイティブになっていくなど、

 

 

速聴を通して、脳力開発に繋がるという、流れである。

 

 

ウチ自身、学生時代に、たまたま書店で、

今回のシェアする、書籍に出会った。

 

 

その書籍は、こちら↓↓

 

 

 

 

最初は、「聴くだけで頭が良くなる」という

タイトルに惹かれて、買った訳だが、

 

 

あれから10年近く経つが、

速聴は、今ではすっかり、ウチの

ライフワークの一部になっている。

 

 

それだけ、良いモノなのだと、振り返って思う。

 

 

そういう訳で、長年、実践していて感じる、

速聴のメリットをいくつかあげていきたい。

 

 

1:本を読む事が楽しくなった

 

 

学生時代、本を全く読んでおらず、

読んでも漫画くらいだった。

 

 

むしろ、学校の教科書を読む事すら、

苦痛だし、理解力も乏しい状態だった。

 

 

(その結果、テストの為の勉強で、

一夜漬けで、覚えても1日も経てば全部忘れるという、

実のない勉強をしていたと思う。)

 

 

速聴をし始めてから、色々な分野に興味が湧き、

気づけば、心理学やら健康やら、語学やら、

お金やら、自己啓発やら、占いやら…

 

 

と、気づけばたくさんの事を楽しく学んでいて、

その始まりは、速聴だったと、過言ではないと思う。

 

 

自然と、本を読むスピードも速くなり、

月に1冊も読まなかったのが、

今では、Kindleで何冊も読んでいる。

 

 

今でも、本を読んで色々な事を学べる楽しさを、

速聴のお陰で、過ごす事ができている。

 

 

2:人に恵まれる様になった

 

 

色々な事を学ぶ様になった影響は、

書籍だけでなく、人に対しても同様だ。

 

 

コミュニケーションの中で、人の些細な一言や、

言葉に、興味や疑問を持ち、

 

 

「それってどういう意味ですか?」

 

 

と、聴く姿勢が出来たのだと思う。

 

 

気になった事を掘り下げる様になって、

それが、相手にとって、話しやすい雰囲気作りに

役立てる様になったのだと思う。

 

 

お陰で、人間関係に恵まれるようになり、

コミュニケーションのスキルが磨かれた。

 

 

頭の回転を速くする事で、人との会話の

間合いや雰囲気、言葉の理解をしやすくなって、

人間関係がスムーズになったと感じる。

 

 

3:フレキシブルなマインド

 

 

速聴をキッカケに、色々な事を学ぶ様になって、

発想やアイディアの幅が広がった。

 

 

一言でいうと、頭が柔らかくなったと思う。

 

 

今まで、固かった体が、速聴というストレッチや

エクササイズを通して、柔軟性を持つ様になった。

 

 

例えば、気になった事は、すぐにメモをして、

そこからどう考えを広げたり、活かしたり出来るのか、

 

 

頭の体操というか、とても脳を活かすクセがついた。

 

 

良い意味で、人の意見を聞いても、

鵜呑みにせず、自分に活かせる形にしていく、

クリエイティブな姿勢が身についたと思う。

 

 

ひょっとすると、オープンマインドに、

視野を広げてくれたのが、速聴を通して、

一番大きかったのかもしれない。

 

 

とりあえず、パッと思いつく限りで、

速聴の良さを、実体験でシェアをした。

 

 

一方で、「これは弱点だろうな…」という点もある。

 

 

それは、「これ、本当に効果あるの?」

 

 

と、速聴の恩恵を、実感で覚えにくいのがネック。

 

 

すぐに、その場で効果が出るというよりも、

続けていく内に、

 

 

「そういえば…」

 

 

と、後から、効果を実感する事がほとんどだと思う。

 

 

ウチが、先に挙げたメリットも、

振り返った時に、ようやく実感が湧くという感じだった。

 

 

もちろん、倍速で聴いた後に、

元の音声を聴くと、遅く感じるので、

脳が、倍速に対応している事は分かる。

 

 

けれども、そこから先の記憶力アップや

クリエイティブなマインドは、継続する必要が出てくる。

 

 

筋トレと同じで、筋肉をつける為には、

継続したトレーニングが不可欠。

 

 

速聴も、脳のトレーニングなので、

たとえ、1日5分を倍速で聴いたとしても、

 

 

それをコツコツと続けられる人が、身についてくるのだと思う。

 

 

もし、効果を感じにくいのであれば、

記録をつけて、プロセスを確認すると良いだろう。

 

 

ウチ自身、今は、ブログを書いている時間や

読書中に、速聴をしているので、少なくとも

1時間は速聴をしている。

 

 

感覚としては、エンジンがかかってきて、

ノってくる感じなので、感覚的にも好き。

 

 

脳がハッピーになる感じもして、やってきてよかったと思う。

 

 

今は、Youtubeでも、倍速で聴けるコンテンツも

あるので、動画で聴くことも良いだろう。

 

 

もちろん、今回、紹介した、CD付きの

速聴の書籍で、ダウンロードして、聴くのもよし。

 

 

続けやすい環境作りが、とても大切なので、

ぜひ、速聴で、日々の生活のクオリティアップに

役立ててもらえたらと思う。

 

 

脳がハッピーになって、まさにハッピーヤロウな

今日この頃であった。

 

 

まる。

 

2時間半歩いたらグッスリと眠れた話

f:id:marutime:20210512205903j:plain

 

 

押忍!

 

 

オラ、まる。ちゃん、

 

 

今回は、ディープな睡眠を実体験として語っていきたい。

 

 

なんとなくではあるが、

睡眠の質を上げるヒントになったので、

その体感をシェアしていこうと思う。

 

 

とある、現場作業での事だが、

この日は、駅から現場まで、かなり距離があった。

 

 

およそ、徒歩で1時間の距離、(約5km)

 

 

ウチ自身、散歩が好きで、これくらいの

距離や時間は、歩いているので、

その日も、歩きで、現場に向かう事にした。

 

 

そして、現場に着木、作業も終わらせ、

帰りも、徒歩で戻る事にした。

 

 

この時、ずっとリュックサックを背負いながらで、

次第に、肩回りが硬くなるのを感じた。

 

 

気温20度の中、歩いていて、体も熱くなり、

汗も、流れ始め、徐々に、疲労が溜まっていた。

 

 

500mlの水も、途中で飲み干して、

駅に着いた時には、眠気が襲ってきていた。

 

 

すると、名古屋駅までの30分間、

 

 

目を瞑ったら、グッスリと眠っていて、

到着した時には、かなりスッキリとしていた。

 

 

目が覚めたら、ちょうど、電車のドアが開く

タイミングで、電車内の記憶が飛んでいた位だ。

 

 

しかし、流していた汗が乾き、

体が冷えていたので、急ぎ足で自宅に向かった。

 

 

この時、自宅と名古屋駅の往復を含めて、

徒歩で2時間半は歩いていて、疲労や乳酸が

とても溜まっていた。

 

 

2時間のサスペンスドラマが終わっていても、

まだ歩いている状態で、よく歩いたなと思う。

 

 

おまけに、体が冷えた事で、鼻が詰まり、

ティッシュをかなり消費する事になった。

 

 

帰宅してからは、即にシャワーを浴び、

お昼ご飯を済ませたら、ベッドイン。

 

 

起きてからは、若干のコンディションダウンを

感じたが、日中の疲労は抜け、スッキリした。

 

 

しっかりと休めたので、前日の筋トレの成果なのか、

腕周りも、ちょっと大きくなった感覚がした。

 

 

今回は、極端だったかもしれないが、

体が、眠くなる程、動いて、グッスリと

眠る様にすれば、質を上がるのではと感じた。

 

 

レーニングでも、激しい運動をした後に、

5分や10分でも、体を横にして休めるだけでも、

その後の、筋肉のつけ具合も変わると思う。

 

 

個人的には、トレーニングに関して、

休息、どれだけ、回復していけるかを

重視している。

 

 

休養もトレーニングの一つなので、

このスキルがあって、初めて、

ボディメイクが出来ると思っている。

 

 

レーニングをした後に、しっかりと

体を休める人は、周りを見ても少ないし、

また、その話をする人も少ない。

 

 

体を動かすだけでは、ただ体を疲れさせるだけで、

仕事や日常生活のパフォーマンスを

下げる事にも繋がるからだ。

 

 

クールダウンは、とても大切なモノだし、

 

 

 

ウチ自身、今回の体験で、こまめに睡眠を

しっかりとる大切さを、改めて感じた。

 

 

これは、あくまでも個人的な感覚だが、

連続で7〜8時間の睡眠を取るよりも、

 

 

合間、合間に、寝たい時に寝て、

トータルで、7〜8時間寝ていた方が、

体のキレやパフォーマンスが良くなっている。

 

 

例えば、野生のライオンは、食べた後は、

消化の時間に充てて、動かずに、寝ている。

 

 

ウチも、食後は眠る様にしているが、

体のリズムに合っているのか、昼間に

眠気が襲ってくる事が、少なくなった。

 

 

休養のタイミングや、一つ工夫をするだけでも、

体ってこんなに変わるんだと、実感している。

 

 

引き続き、体のパフォーマンスを最大限に引き上げる、

休養スキルを模索していきたい。

 

 

いつかは、松岡修造さんの様に、

いつもパワフルなバイタリティにしたい

今日この頃であった。

 

 

まる。

 

そろそろマイiPhoneの寿命が近づきつつある…

f:id:marutime:20210511230435j:plain

 

 

押忍!

 

 

オラ、まる。ちゃん、

 

 

最近、ウチの愛用しているiPhone7の

コンディションがよろしくない…

 

 

まだ、そんなに頻繁ではないが、

急に、本体が熱くなり始めたり、通信状態が不安定になって、

繋がりにくくなる時がたまにある。

 

 

ゲームはしていないし、アプリも必要最低限で、

バッテリーの消耗はしておらず、

日中に使う時は、まだまだ問題はない。

 

 

が、少しずつちょっと不便だなと感じる時間が、

去年と比べて、多くなった。

 

 

基本的には、電子書籍や、Youtubeの動画視聴、

メールのやり取りがメインだが、それでも、

使いにくさを感じているので、

 

 

「そろそろ買い替える時期が来ているかな?」

 

 

と、次なる新たな相棒を探し始めている。

 

 

たまに、ビックカメラで、新しいiPhone

触ってみたり、使い心地を試したりしているが、

 

 

やはり、4〜5年前のモデルと比べると、

今の、最新の方が使い心地や便利さの次元が違っていた。。

 

 

液晶の画面のクオリティーもそうだが、

ネットに繋ぐ時のサクサク感やヌルヌル感、

 

 

サイズ的にも、ちょうど電子書籍が見やすくて、

使い心地は、かなりいいだろうなと感じている。

 

 

 

そして、個人的には、iPhone12Proシリーズの、

ゴールドのデザインに、一目惚れしている。

 

 

もし、今、この瞬間に、新しいiPhone

購入するとするならば、このゴールドを選ぶ。

 

 

それくらい、ゴールド色のデザインに惚れている。

 

 

けれども、「まだいけるかな?」と、

購入を先延ばしにして、今に至っているし、

あと半年も経てば、次のiPhoneシリーズが販売される。

 

 

結果、「また新しいのが出るし、まだいいかな…」と、

結局、買わずじまいな感じだったりする。

 

 

そんな、ジレンマな日々を送っていたが、

今の持っているiPhoneに寿命が近づきつつあるので、

そろそろ検討し始める時がきたのかもしれない。

 

 

 

個人的には、あまりモノに対しての執着はあまりないし、

「もういいかな」と感じたら、すぐに手放すほど、

ドライな部分はあるが、

 

 

今、持っているモノや活用しているモノは

大事にしていきたいので、もうちょっと、

今のiPhone7には頑張ってもらいたい。

 

 

とりあえず、最近になって、

Appleが新色のパープルを出したり、

iPad Proが出たりと、

 

 

物欲と使い心地を試したい、興味が湧いてきた

今日この頃であった。

 

 

まる。

 

国府宮神社に御守りの返納と、ツンデレ黒柴ちゃんに再会?

 

 

押忍!

 

 

オラ、まる。ちゃん、

 

 

今回は、国府宮神社へ参拝をしてきた。

 

 

メインは、昨年に購入した、御守りと御札の返納、

 

 

お守りやお札の効力は、一年との事なので、

ちょうど1年ほど経ったので、おやつの時間帯に

稲沢市国府宮神社へやってきた。

 

 

f:id:marutime:20210511201849j:image

 

 

平日という事もあり、閑散としていて、

ほぼ貸切状態の様だった。

 

 

f:id:marutime:20210511201904j:image

 

 

ここ1年、ご縁もあって、4〜5回ほど

参拝しているのだが、神社の静まった、

澄み切った雰囲気が好き。

 

 

お参りを済ませた後、鳥居前の街路樹を

歩く時間が、穏やかに過ぎていた。

 

 

f:id:marutime:20210511201921j:image

 

 

f:id:marutime:20210511201936j:image

 

 

ちょうど、去年の今頃、ツンデレ黒柴犬に

出会って、かなり可愛かった。。

 

 

こちらが、触ろうとすると、

「あっそういうのではないんで…」

と、顔を背けてツンッとした態度なのに、

 

 

逆に、何もしないでいると、

ハァハァ言いながら、寄ってくるので、

かなり、可愛い子だった。。

 

 

ほぼ同じ時間帯だったので、「いるかな…」と

ちょっと期待していたけど、会えなかったので残念。

 

 

名古屋から、車で30〜40分の距離だが、

ちょっと離れるだけで、雰囲気も違うし、

気分もリフレッシュする。

 

 

定期的に、いつもとは、違う空間へ行くと、

エネルギーが充電される感覚がするので、

これからも、良いルーティーンにしていきたい。

 

 

 

また、あのツンデレな可愛い、黒柴ちゃんに

再会したい、今日この頃であった。

 

 

まる。

 

リンゴパワーで、医者いらずの生活

f:id:marutime:20210511000138j:plain

 

 

押忍!

 

 

オラ、まる。ちゃん、

 

 

仕事帰りに、近所の八百屋さんを通り過ぎた時、

視界にリンゴが入って、思わず足を止めた。

 

 

今まで、その真隣にある、スーパーや

朝市で、買い出しをしていたのだが、

 

 

「まさかこんな所に穴場があったとは…」

 

 

と、灯台下暗しとはこういう事を言うのだなと感じた。

 

 

今日のメインは、りんごちゃん。

 

 

MaciPhoneを製造・販売している、

ちょっとかじられたリンゴマークの

あの会社の事ではなく、

 

 

フルーツのりんごが、今回の主役。

 

 

何を隠そう、ウチ自身、リンゴが大好きである。

 

 

(もちろん、リンゴマークのあの会社も好きだ)

 

 

毎日、1個は食べたい程、好きな果物、

トップ3に、常にランクインしている。

 

 

食べた時のあのシャキシャキ感と、

みずみずしい食感が、たまらない。。

 

 

包丁やナイフで、カットせずとも、

皮ごとそのまんまかじりつくほど、

リンゴちゃんが、とても大好きやったりする。

 

 

栄養面も、しっかりしており、

便通を良くする食物繊維はもちろん、

筋肉の働きを良くするカリウム

 

 

リンゴ酸やクエン酸などの有機酸で、疲労回復、

100種類以上のポリフェノール酵素など、

 

 

美容や免疫力アップにもってこいの食材でもあったりする。

 

 

こんな感じで、色々な面で、優れているのだが、

値段面ではネックとなりやすい。

 

 

スーパーだと、1個、200〜300円はかかり、

毎日、食べるとなると、家計簿の負担が大きくなる。

 

 

比較的、安価で手に入る、朝市でも、

6〜7玉を1000円ほどで手に入るのだが、

人気食材なので、売り切れ御免が多かったりする。

 

 

しかも、10日に一度の開催なので、

毎日、安定して食べる量を確保するのは、難しい。。

 

 

それでも平均して、3〜4日に一度は、

りんごを食べているので、もう一押しが欲しかった。

 

 

なかなか手に届かなかったのだが、

今回、近くの八百屋さんで、りんごの入手先が

一つ増えて、ラッキーだった。

 

 

しかも、お手頃な価格で、なんと8玉で700円!

 

 

ちょうど、品の入れ替え時期だったのか、

いつもよりも安くしていたのもあって、

かなり、お得にゲットする事が出来た。

 

 

f:id:marutime:20210511001644j:image

 

 

それぞれが、拳一個分のサイズで、

早速、一玉、そのままかじりついた。

 

 

食べる前に、リンゴから香る、

あの甘い匂いも好きで、かぐだけで、

お腹が満たされる様な感覚になる。

 

 

りんご1個で、朝食を済ませる時も、たまにあるのだが、

栄養が満たされて、それで体が満足するのも、長所。

 

 

ハードな現場仕事や、トレーニング後に食べても、

 

 

「あっ、今日はサプリはいらないな」

 

 

と、りんごのパワフルさを感じる事もしばしばある。

 

 

個人的には、バナナとの組み合わせで、

更に、パワフルさが増す感覚があるので、

いつもりんごを食べる時は、

 

 

バナナとセットで、食ベるのが、定番になっている。

 

 

個人的な感覚としては、この二つを食べると、

野球でいうと、内野と外野をたったの2人で、

守ってしまうほど、

 

 

スーパーなパワーや栄養をいただける感覚である。

 

 

かれこれ、5年以上は、バナナとリンゴは

食べ続けているので、これからも、この食生活は

継続していくだろうし、自分の支えにもなっている。

 

 

あえて、値段以外のデメリットを挙げるならば、新鮮さが命、

 

 

1週間以内に食べないと、傷んでしまい、

美味しさの期間が短く、それを過ぎると、

その瑞々しさやシャキシャキ感が失われてしまう。

 

 

ウチの場合、まとめ買いしているので、

保存状態には、気をつけている。

 

 

お値段と、りんごのコンディションに

気を遣えていれば、これほど、頼りがいのある

食材は、ないだろう。

 

 

「1日1個のリンゴで、医者いらず」

 

 

という諺がある様に、リンゴのスーパーな

力を、日々、活かしていきたい。

 

 

リンゴパワーにあやかる、今日この頃であった。

 

 

まる。