まる。っとぶろぐ

好きな事を、好きなだけ、まる。っと発信します。

「えっ!ワコールってメンズの下着を売っていたの!?」

f:id:marutime:20210222195610j:plain

  

 

 

まる。です、

 

 

先日、恋人とスーパーでお買い物をしていた時、

フラッと立ち寄ったコーナーでの出来事でした。

 

 

普段は、1階の食材フロアで済ませるのですが、

 

 

この日は、恋人と車でお出かけした帰りがけでした。

 

 

屋内の駐車場で停めた事で、エスカレーターで、

1階まで降りる事になるのですが、その道中で、

 

 

「久しぶりに見てみるか」

 

 

と、珍しく2階の衣料フロアを訪れました。

 

 

基本的に、あまり行かない場所では、

良いモノがある事を期待していません。

 

 

フラッと見て、「やっぱりなかったな」

 

 

と、滞在時間3分も経たずに、

すぐに切り上げる事が多いです。

 

 

一応は、いくつかのシーズンが経っているので、

陳列されている商品は変わっているであろうから、

リサーチの感覚で、散策していました。

 

 

すると、今回、私の中で気になったのが、下着でした。

 

 

キッカケは、みちょぱがモデルになっている、

「BODY WILD」という下着メーカーの

ポスターが目に入ってきたのが、始まりでした。

 

 

彼女と一緒に、そのメーカーの下着を

見始めた事から、今回のターゲットは、

下着になっていました。

 

 

近くのコーナーには、男性の下着が多く、

色々なデザインがありました。

 

 

「オシャレやな…」

 

 

と、これまでユニクロのトランクスで

済ませていた私にとって、かなり新鮮でした。

 

 

メンズの下着にも、こんなにバリエーションが

豊富だったのかと、興味スイッチがオンに入りました。

 

 

そして、最後に辿り着いたのが、ワコールでした。

 

 

「ワコール」と聞くと、イメージ的には、

女性の下着がメインで、昔のCMでも白人女性が

ブラジャーを着けている広告があったほどで、

 

 

男性の下着は売っていないと思っていました。

 

 

その為、「WACOAL MEN」というタグを見た時、

 

 

「えっ!ワコールってメンズの下着を売っていたの!?」

 

 

と、この日一番のインパクトのある出来事でした。

 

 

そして、今回の下着リサーチによって、

 

 

「欲しい!」

 

 

と、いよいよ下着にまで、こだわる時が来たようです。

 

 

「勝負下着」という言葉がある様に、

下着一つでも、良いモノを使った方がいいと思いました。

 

 

もちろん、それぞれのブランドで一長一短があるので、

色々と検討してみる必要がありそうです。

 

 

例えば、今回のブログで出てきた有名メーカーですと、

 

 

ユニクロ

・BODY WILD

・ワコール

 

 

があります。

 

 

個人的な意見として話していきますと、

 

 

一つ目のユニクロは、圧倒的なコスパの良さ、

 

 

(3枚購入した1000円、その割りに、

物持ち良し、蒸れないなどの機能性、生活するには十分)

 

 

弱点は、バリエーションの少なさ、

 

 

(カラーバリエーションが少ない、

大体似たような色合いのモノで被りやすい、

ただ履く為のモノ)

 

 

2つ目の、BODY WILDは、フィット感、シンプル、

 

 

 

 

(激しいスポーツをしていても、ズレにくく、

動きやすい、ゆるすぎず、キツすぎない、

シンプルなデザイン性、

 

またオーガニックのコットン製も取り扱いあり。)

 

 

弱点は、ロゴのデザイン、高い(1枚でユニクロ3枚分相当)、

 

 

(シンプル好きな私としては、

CMを見た時から、あのデンッと目立つ

企業名のロゴは、いただけないです)

 

 

3つ目のワコールは、華やかなデザインや品幅、

 

 

 

 

(柄モノやメンズ用のレースやTバックなど、

他のメーカーがカバーしていないカテゴリーの

下着を取り扱っており、デザイン性も華やかなモノが多い)

 

 

欠点は、めっちゃ高い、嗜好性の世界、

 

 

(モノによっては、5000円はくだらず、

タバコの様に嗜好性のあるモノかもしれません。)

 

 

メーカーによって、様々な違いがあると思います。

 

 

個人的には、ユニクロはだいぶ履いてきて、

ちょっと飽きがきた感覚なので、

試してみたいメーカーが、いくつかあります。

 

 

今回のBODY WILDワコール

 

 

ここでは紹介していませんでしたが、

Calvin Kleinカルバンクライン

 

 

 

 

この3つのメーカーを見ていこうと思います。

 

 

下着も、ファッションの一つですし、

特に、男性にとって、デリケートゾーンの

オシャレもこれから大切になってくると思います。

 

 

下着で、同性や異性に褒められる位、

良いパンツに出会えたらいいですね。

 

 

私も、良い下着を求めて、引き続きリサーチです。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。

 

お片付けのK点超えを果たしました。Part2

f:id:marutime:20210215233854j:plain

  

 

 

まる。です、

 

 

先日のブログで、お片付けの限界を超えた、

いわゆるK点超えをした出来事を書きました。

 

 

marutime.hatenablog.com

 

 

今回は、その続編、再び、K点超えをする事が出来ました。

 

 

(うっかり、写真を撮り忘れて処分してしまいました…)

 

 

今回、手放したモノは、スマホカバーです。

 

 

「iFace」という名前を聞いた事がある人も

いるのかもしれませんが、結構有名な

スマホカバーで有名なブランドです。

 

 

 

 

約2年前に、購入し、外枠がパステルブルーで、

本体はホワイトカラーでした。

 

 

見た目のデザインが気に入って、

栄のドンキホーテで一目惚れで購入したのを

覚えております。

 

 

愛用しているiPhone7に装着し、

それからはというものの落とす事は

そんなになかったですが、

 

 

うっかり手を滑って落としても、

iFace製は頑丈で、表から落としても画面は割れず、

ずっと傷一つのない綺麗な状態にしてくれました。

 

 

しかし、数年の時が経とうとしている中、

 

 

ずっとiPhoneを守ってくれた、

iFaceもボロボロになってきました。

 

 

ホワイトボディに、傷や凹みがいくつもできました。

 

 

そして、外枠の方も、手入れはしていましたが、

徐々に黄ばんできて、汚れが目立つ様になりました。

 

 

その為、見た目としても、少々汚くなってきました。

 

 

「そろそろ買い替えかな?」

 

 

と、今持っているiPhone7の買い替えと

同時に、カバーも買い替えようと考えていました。

 

 

しかし、先日、お片付けのK点超えをした事で、

当たり前に持っていたモノを手放すのもありだと

いう考えが芽生えた事がキッカケで、

 

 

スマホカバーも手放してみようかな?」

 

 

と、思い至ったので、当たり前に使っていた

スマホカバーも、手放す事になりました。

 

 

スマホカバーを処分して大丈夫なの?」

 

 

と思ったかもしれませんが、スマホカバーを

外したお陰で、使い所に気を遣う様になりました。

 

 

例えば、信号待ちの時、取り出す事を控える様になりました。

 

 

落としたら、あっけなくiPhoneに傷がつきますし、

打ちどころが悪ければ、故障もあり得ます。

 

 

使い所を良い意味で考える様になりました。

 

 

階段やエスカレーターなどの高い所で

ポケットから出さず、ポケットでなく、

カバンにしまっておく様になりました。

 

 

自分の力で守る意識ができたと思います。

 

 

iPhoneを取り出す回数も少なくなったので、

スマホ依存にもなりにくいですし、

 

 

空いた時間で、他の事をする時間も出来て、

かなり良い影響が出てきました。

 

 

また、iPhoneのそもそもの形やデザインの良さを

改めて気づく事が出来ました。

 

 

カバーをつけた事で、見た目はゴツくなりました。

 

 

それを、いざ、外してみると、

 

 

iPhoneってこんな風だったんだ」

 

 

と、元々のスタイリッシュな形や

デザインの良さを再確認しました。

 

 

裸で持つ事もいいものだなと感じました。

 

 

最近では、色々なカラーデザインが、

登場していますが、カバーをつけると

スマホ自体の美しさに気づきにくいと思います。

 

 

実際に、裸の状態で使っていると、

「それは、iPhoneの(シリーズは)何?」

 

 

と、カバーをつけていない方が、

人に聞かれる様になり、会話のキッカケにもなりました。

 

 

人を惹きつける美しさがあるのだと思います。

 

 

その一方で、今までどれだけスマホカバーに

頼っていたのか、黙っていても、スマホ

傷や故障から守ってくれていたのか、

 

 

とても便利なモノだったのだなと、改めて感じました。

 

 

現状は、画面のフィルム以外は、カバーを

つけていない状態で使っていますが、

 

 

もし、今後、何度も落として故障する事が

ありましたら、またカバーの購入を考えます。

 

 

 今は、iPhoneの裸で使っている事が心地良く、

K点超えをした爽快感もあり、当分の間、

カバー無しの状態で生活をしていきます。

 

 

今まで、お世話になった分、今度は、

自分の力で、しっかりと大事なiPhone

守っていこうと思います。

 

 

「カバーをつけておけば安心する」と、

 

 

保険をかけておくのも大事な事ではありますが、

「守り」が強くなり過ぎると、

 

 

自主的に、自ら行動するチャレンジの姿勢が

薄れていきますし、保険そのものに依存する形に

なってしまいます。

 

 

国の年金や年功序列型の労働システムも、

国や会社など、何かに依存して、アテにすると、

思考が停止して、自分で考えられなくなります。

 

 

たかがスマホカバーかもしれませんが、

守られるからといって頼り過ぎるのも、

不健全です。

 

 

セーフティーも大事ですが、自ら考えて、

行動していく姿勢を大切にしたいですね。

 

 

そのトレーニングだと思って、私も、

自分で意識的に取り組んでいこうと思います。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。

 

ココナッツオイルを広めた、立役者を初めて知りました。

 

 

 

まる。です、

 

 

たまたま、本日の放送された「ヒルナンデス」で、

ココナッツオイルを広めた張本人を知りました。

 

 

その方のお名前は、荻野みどりさん。

 

 

www.asahi.com

 

 

出産した4ヶ月後に、起業し、年商7億円の

企業にした、ママさん社長です。

 

 

彼女自身、食に対しての関心を持っていましたが、

本格的に取り組んだのは、お子さんがキッカケでした。

 

 

玄米菜食で健康的な生活を送っていたのですが、

出産後、ジャンクフードを漁ってしまった影響で、

お子さんの体に湿疹ができたりと、異常が出ました。

 

 

(母乳で育てていた為、母乳にジャンクフードに

含まれた化学的な物質の影響だと思われます。)

 

 

それで、本格的に「食」に向き合う事になりました。

 

 

しかし、調べてみると良い食材を手に入る事は、

日本では中々難しいのが、現状でした。

 

 

「それならば!」と、手元にある20万円で、

起業する事になりました。

 

 

その時に、出会ったのが、ココナッツオイルでした。

 

 

今では、当たり前に、一般的なスーパーなどで

陳列されて、並んでいますが、その功労者が

荻野さんでした。

 

 

私自身も、ココナッツオイルの愛用者の一人です。

 

 

2015年頃からお世話になっているので、

かれこれ、5年以上はキッチンに置いています。

 

 

 

 

荻野さんの存在を、今回初めて知ったので、

彼女のお陰で、ココナッツオイルが、

スタンダードになったのだなと感じました。

 

 

テレビでは、口にはしなかった

(出来なかった?)のかもしれませんが、

 

 

おそらく彼女も、日本の食の問題を知っていると思います。

 

 

例えば、欧米では禁止されている添加物、

トランス脂肪酸が、未だに日本で使われていますし、

 

 

添加物や農薬など、日本は緩いルールで運用されています。

 

 

荻野さんは、自分の子供の体の変化を

身近で感じたからこそ、起業をする程、

真剣に取り組んでいるのだと思います。

 

 

放送で紹介されていた、表参道のGYRE

提供されている料理も美味しそうでした。

 

 

gyre-omotesando.com

 

 

今では、オーガニックのお店も多くなってきて、

東京は、その中でも多いでしょうから、

 

 

コロナが収まった時に、恋人と

オーガニックツアーをしたいものです。

 

 

ちなみに、荻野さんがパッションを持って、

広められたココナッツオイルは、

実際に使っていてかなり良いです。

 

 

f:id:marutime:20210219000945j:image

 

 

(現在、使っているココナッツオイルです。)

 

 

けれども、料理用にはほぼ使っていません。

 

 

ちょっと、変な使い方なのかもしれませんが、

主に美容の為に使っていました。

 

 

脂肪燃焼の効果を謳っていましたが、

ココナッツオイルは、それ以外にも

パワフルな効能があるからです。

 

 

私たちの肌には、たくさんの常在菌がいます。

 

 

体の箇所によって好むモノが異なりますが、

基本的に、弱酸性を好みます。

 

 

例えば、簡単に言いますと、

リンゴ酢を与えると、肌が綺麗になっていきます。

 

 

(善玉菌が好むモノを与えている為)

 

 

私自身、デリケートゾーンにいつも、

水で薄めたリンゴ酢を、ガラス製の霧吹きで、

かけてケアをしているほどです。

 

 

すると、アソコが徐々にですが肌色に戻っていきます。

 

 

(男性の方なら、アソコの色具合は想像がつくでしょう。)

 

 

それ位、お肌には、弱酸性が良いのです。

 

 

極論を言いますと、発酵した酸性のキムチを

肌にくっつけても、菌が喜んでくれるのです。

 

 

ココナッツオイルにも、脂肪「酸」、

つまり、お肌に塗っても良い油なのです。

 

 

個人的には、ココナッツオイルを頬に塗る方が

化粧代はかからないですし、モノが増えません。

 

 

一時期は、どこへ出かけるにしても、

ココナッツオイルの入ったガラ部の瓶を持参し、

朝のシャワー後には、必ず、塗っていました。

 

 

「食用なのに、塗ってもいいの?」

 

 

と思っている方もいるかもしれませんが、

個人的には、口に入れて大丈夫なものならば、

塗っても大丈夫だと思っています。

 

 

むしろ、塗ってはいいけど、口に入れては

ダメとか、口に入れてもいいけど、塗っては

ダメな食材があれば、

 

 

それは何かしらの添加物が入っているのではと、

怪しんでしまいます。

 

 

少なくても、ココナッツオイルに関しては、

オーガニックに関するモノであれば、

活用する幅が広いですし、

 

 

私自身、5年以上、お肌に塗っていますが、

お肌のノリは良くなっています。

 

 

敏感肌なので、痒みの抑えや

保湿の役割もしてくれて、お肌のトラブルも

緩和されてきたと思います。

 

 

(あくまでも食用で使われているものなので、

それ以外の使い道は、自己責任になりますが。。)

 

 

髪の毛につけると、ワックス代わりになりますし、

ココナッツのほのかな香りもするので、

香水の代わりにもなります。

 

 

(その影響なのか、「香水」の歌詞が。

ドルガバでなく、ココナッツと、脳内で

勝手に書き換えられる時があります。。

 

 

君のココナッツのせいだよ。。)

 

 

それでもまだまだオイルというのは、奥深いモノがあります。

 

 

今でも使った事がなくて、直感的に

「これは良さげだな」と感じたら、

 

 

使ってみては、試しています。

 

 

ココナッツオイルに限らず、オリーブオイルや

アマニ油なども、色々とチェックしています。

 

 

良いモノを使うと、体は良い反応をしてくれます。

 

 

逆も然りで、私達の体はとても素直な反応をします。

 

 

荻野さんは、本当に私達の体に良いモノを広める、

その様な方の存在を知る事が出来てよかったです。

 

 

私も、今後も良いモノに出会い、

活用していこうと思います。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。

  

 

 

Huluに加入する事になりまして。。

  

 

 

まる。です、

 

 

先月、Huluに加入する事になりました。

 

 

キッカケは、いつも好きな海外ドラマが、

プライムビデオで観られなくなった事でした。

 

 

いつもは、恋人と一緒にAmazonのプライムビデオで、

「SUPERNATURAL」を観ていたのですが、

 

 

昨年の年末で、視聴期間が終了してしまいました。

 

 

観るにしましても、レンタル料金がかかり、

コストがかかってしまいます。

 

 

一応、配信が終了になる前に、未視聴の話を

出来る限り、ダウンロードしようとしましたが、

 

 

ダウンロードをしても、保存期間が決まっていて、

全ては、全てを観る事ができない状況でした。

 

 

「どうしたものか…」

 

 

と、考えた末に、他の動画配信サイトで、

観る事になりました。

 

 

(観ざるを得なかったとも言えるかもですが。。)

 

 

ちなみに、Amazonプライム会員の方は、継続です。

 

 

500円で色々な動画を観られるのはもちろん、

配送料がフリーになったり、

Kindleのアプリで、無料で電子書籍を読めたりと、

 

 

動画以外のサービスが充実しているので、

継続して活用していこうと思います。

 

 

一方で、とりあえずは、「SUPERNATURAL」の

配信をしているサイトを探す事になり、

 

 

候補として上がったのが、「Hulu」と「U-NEXT」でした。

 

 

最終的には、「Hulu」を選んだのですが、

決め手としては、語学の学習面でした。

 

 

「Hulu」は、英語の字幕をつけてくれるサービスがあります。

  

 

例えば、「SUPERNATURAL」を

英語で視聴しているのですが、通常ならば

日本語の字幕がほとんどだと思います。

 

 

それが、「Hulu」ですと、英語で視聴していても、

俳優が話している、生の英語のセリフを、

そのまま字幕で、つけてくれています。

 

 

英語のリスニングを勉強していると、

 

 

「何を言っているのだろう?」

 

 

と、途中で、聞き取れず、何度も巻き戻しては、

聞き直して、結局わからない時があります。

 

 

その場合、貴重な時間を浪費して、

せっかくの表現を学べない損失が出てきます。

 

 

それが、英語の字幕ですと、たとえ

聞き取れなくても、字幕で、書いてあります。

 

 

「この言葉を使っているのね」

 

 

と、理解してから再度視聴すると、

スッと聞き取りやすくなって、

英語の学習も捗っていきます。

 

 

私も、Amazonのプライムビデオの時は、

何度も、巻き戻しては、耳を澄ませながら

聞いて苦戦していたので、

 

 

そのストレスから解放されるのは、有り難いサービスです。

 

 

特に、今観ている「SUPERNATURAL」で、

ディーンが、やたらスラングが多かったり、

早口で、巻き舌、聞き取れにくくて、

 

 

諦めて、他の英語の表現を、ピックアップして、

ブログにアップした事が何度もありました。

 

 

そのフラストレーションから解放されるのは、

有り難いので、ガンガン活用していこうと思います。

 

 

今では、サブスプリクション、定額の課金制で、

色々な動画が観られる配信サイトがたくさんあります。

 

 

今回は、たまたま語学の学習の点が決め手で、

「Hulu」にお世話になる事になりました。

 

 

色々なサイトがあり、選ぶのも大変かもしれませんが、

 

 

自分の中で、何か一つ、「これだけは…」

という、基準があれば、選びやすくなり、

 

 

その選んだサービスも楽しめるかもしれませんね。

 

 

どのサイトも、基本的には、無料で観られる、

お試しの期間が設けられているので、

実際に試してみるのもいいと思います。

 

 

私も、「Hulu」を選んで満足しているので、

今後も、動画鑑賞を楽しんでいきます。

 

 

ちなみに、Huluのサイトはこちらからもチェック出来ます。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。

 

今度は、自分がぶっ倒れてしまいました。。

f:id:marutime:20210218000247p:plain

 

 

 

まる。です、

 

 

先日、恋人がお片付け後にぶっ倒れた話を

ブログで書いていましたが…

 

 

marutime.hatenablog.com

 

 

今度は、私の方がぶっ倒れてしまいました。。

 

 

咳は出ず、悪寒と吐き気、関節の痛み、

風邪の症状による、コンディションの不良でした。

 

 

朝起きた時に、お腹がムカつき、

気持ち悪さを感じたのが、始まりでした。

 

 

その直後、トイレに行ったのですが、

普段ならば、気にならない自分の尿の臭いが

異常にキツく感じ、吐き気をもよおしました。

 

 

そこから、体も動かせず、言葉も発するのが、

やっとの状態でした。

 

 

何とか気力を振り絞り、PCを開いて、

予定のキャンセルの連絡を入れたりしたのですが、

 

 

午前中は、寝たいけれども、吐き気が上回り、

寝たくても、寝れませんでした。

 

 

それでも、彼女がマッサージをして、

血の巡りを良くしてくれたお陰で、

お昼には、睡眠が取れる状態になりました。

 

 

そこから、寝て、寝汗をかきながら目を覚まし、

また、寝ては寝汗をかいては目を覚ましの繰り返し、

 

 

体は、デトックスモードに入っていました。

 

 

食欲も湧かず、彼女が買ってきてくれた

OS-1を、ひたすら飲んで水分補給をしていました。

 

 

(合計で6本(3L分)は飲んでいました。)

 

 

普段は、あまり美味しくとは思わないのですが、

体調を崩した時に飲む、

 

 

OS-1を、とても美味しく感じるのは、

かなり体が求めているのだなと感じました。

 

 

 

 

 

夜になって、ある程度回復したので、

りんごを食べられる様になりました。

 

 

OS-1と同じく、体調が悪い時に食べる

リンゴは、とても体に染みて美味しいです。)

 

 

ひたすら寝る、OS-1、マッサージの

ルーティーンで翌日には、すっかり

回復する事が出来ました。

 

 

看病をしてくれた恋人に、とても感謝です。

 

 

改めて、体調を崩している時は、寝る事が一番でした。

 

 

とりあえず、パソコンや携帯を開こうと思いましたが、

 

 

「あっ、これは無理だ」

 

 

と、体感ですぐにわかったので、大人しくして、

睡眠を最優先しました。

 

 

そして、体が毒素を出そうとしてくれている、

デトックスの状態に入っていたので、

 

 

マッサージで、血の巡りを良くして、

排出を助ける事も大事だなと感じました。

 

 

恋人にマッサージをしてもらった時に、

 

 

「あっ、顔色が良くなった」

 

 

と、青白かった私の顔が赤くなってくる、

客観的な変化も見られましたし、

その直後には、体全体が熱く感じて、

 

 

「汗臭い匂いがした」と言われる位、

汗が、全身から吹き出す様に出てきて、

かなり良かったです。

 

 

数時間おきに、足ツボの機械を使ったり、

彼女のマッサージをしてもらったりと、

 

 

そのお陰で、リカバリーも早くなったと思います。

 

 

コンディション不良や病気など、

状態が悪い時に行うマッサージは、

大事だなと感じました。

 

 

食事はほぼ何も摂らなかったですが、

尿や便も出て、スッキリとしました。

 

 

実は、昨年にも2回ほど、

ぶっ倒れた事があったのですが、

前回より、2〜3日の回復の早さでした。

 

 

免疫力がアップしているのかもしれませんが、

この様な機会は、色々な見方が出来ると思っています。

 

 

私自身、何かの転換点だと思っています。

 

 

過去、私がぶっ倒れた時のパターンは、

何かの決断をしている時が多いです。

 

 

今回も、それに漏れず、大きな決断の後でした。

 

 

もちろん、季節の変わり目で、気温の変化で

体調を崩しやすくなっていたり、前日に、

半袖で寝てしまっていたのも原因かもしれません。

 

 

それは、あくまでもキッカケの一つだと思います。

 

 

個人的には、決断という事は、決めた事以外のモノを、

犠牲にする事、

 

 

今まで、無意識に使っていたエネルギーの矛先を、

カットして、その分の今までの負担が、

疲労としてきたのかもしれません。

 

 

例えば、先日、約10年も愛用していた

スウェットを手放した事を話しましたが、

 

 

marutime.hatenablog.com

 

 

今までの10年分、そこに費やしていた

想念やエネルギーを、手放した事で、

解放された分、疲れとしてドッときた、

 

 

という様に、今まで負荷をかけていたものから

解放され、その疲れを癒す時だったのだと思います。

 

 

(スウェットの件は、コンディション不良の

ダメ押しの一手だったと、感じています。)

 

 

それは、浄化ともいえるでしょう。

 

 

「たかがそんなことで?」

 

 

と思うかもしれませんが、

意外と人間は無意識に色々なところで

エネルギーを浪費しているのです。

 

 

モノが多いと、精神が病みやすくなるのも、

エネルギーを消費した結果ともいえます。

 

 

執着している人ほど、エネルギーの浪費は激しいです。

 

 

逆に、あまり執着しないほど、

エネルギーは貯まりやすくなり、

どんどんエネルギーが高まっていきます。

 

 

その結果、良いご縁や素晴らしい仕事にも出会えたりするのです。

 

 

コンディションが不良の時ほど、

自分自身を見つめ直す良い機会になります。

 

 

そして、新たなスタートを切り、

大きなチャレンジに向かって、夢を叶える、

 

 

その様な素晴らしい機会にしていけたらいいですね。

 

 

私も、今回を機に、心身共に整えて、

次へのスタートを切っていきます。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。