まる。っとぶろぐ

好きな事を、好きなだけ、まる。っと発信。

ゴミ箱を、半分の数にコストカットしました。

 

 

 

まる。です、

 

 

只今、同棲している20歳上の恋人と、

なんもない部屋を目指して、日々、お片付けをしています。

 

 

今回は、ゴミ箱を手放す事になりました。

 

 

アルミや鉄の製品だったので、地域で

定期的に開催されているリサイクルステーションで、

2つ手放しました。

 

 

f:id:marutime:20200928173515j:image

 

 

(家には、4つあったので、半分になりました。)

 

 

「ゴミ箱は、さすがに必要なんじゃないの?」

 

 

と、思う人もいるかもしれませんが、

意外と、ゴミ箱もかさばり気味になります。

 

 

収納BOXや棚、カゴなどの、収納グッズが

増えると、気づいたらモノが増えている様に、

 

 

ゴミ箱も多くなると、それだけゴミが増える傾向があります。

 

 

個人的な感覚ですが、整理整頓が好きな人ほど、

このパターンにはまりがちなので、私自身も、

気づいたら、買ってしまう時があるので、気をつけています。

 

 

(それをすると、なんもない部屋から遠ざかりますし。。)

 

 

加えて、いつも、足をぶつけたり、捨てる時に、

蓋を開くと、カンカンと音が鳴って、面倒に感じていました。

 

 

それから、解放されたスッキリ感もあります。

 

 

手放してからは、今まで、ゴミ箱の場所が、バラバラでしたが、

集中した事で、ゴミ出しの日に、まとめる時の手間が省けました。

 

 

意外と、場所も取っていたので、スペースが空いて、

なんもないスポットが増えました。

 

 

モノを買う際、お金とか労力などの、コストを考えがちですが、

空間も、一つのコストとして、考える事が、大事だなと感じました。

 

 

引き続き、なんもない部屋を目指して、

お片付けをやっていきます。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。