まる。っとぶろぐ

好きな事を、好きなだけ、まる。っと発信します。

SUPERNATURAL(スーパーナチュラル)シーズン4、第18話「神の預言者」をレビュー。

 

 

 

まる。です、

 

 

SUPERNATURAL(スーパーナチュラル)、

シーズン4、第18話のレビューをします。

 

 

(*「SUPERNATURAL」は、Amazonプライムで無料視聴出来ます。)

 

 

*SUPERNATURAL(スーパーナチュラル)とは?*

 

 

ディーンとサム、二人の兄弟が、アメリカを舞台に、

各地を旅しながら、悪魔や悪霊、怪物などの、

スーパーナチュラル(超常的な存在)を狩る物語です。

 

 

現代科学では、困難な説明、不可解な現象を、

人や新聞、ネットなどの情報をヒントに、その正体を暴き、

人々を救って、事件を解決するストーリーです。

 

 

シーズン4は、宿敵である悪魔のリリスが、

66つある封印を解こうとします。 

 

 

その封印を解くと、ルシファーが自由の身になります。

 

 

それは、世界が終わる意味を指すので、

天使がそれをさせまいと、悪魔との抗争に発展します。

 

 

その最中に、二人の兄弟は、奮闘する流れになります。

 

 

今回のテーマは…

 

 

『神の預言者

 

 

物語の冒頭は、ディーンとサムがFBIに扮して、

本屋の店員に質問する事から始まります。

 

 

すると、店員さんが、二人の姿や言動から、

 

 

「スーパーナチュラルのキャラクターだ!」

 

 

と、興奮していました。

 

 

なんと、その店員さんは、ディーンとサムの

これまでの旅の出来事を知っていたのです。

 

 

二人は、「なぜその事を知っているのだ?」と、

気になって、掘り下げた所、

 

 

「スーパーナチュラル」と、題された本が

何巻も揃っていたのです。

 

 

その内容は、これまでの二人の出来事が、

詳細に書かれていたのでした。

 

 

なぜ、見ず知らずの他人が、二人の事を

知っているのか?、謎が深まった所で、

プロローグが終わりました。

 

 

今回は、ディーンとサムしか、知り得ない情報が

本に書かれている謎を解き明かしていきます。

 

 

それは、現在進行形で続いています。

 

 

物語の中盤から、ディーンとサムは、預言者の、

預言通りのシナリオから逃れようとします。

 

 

しかし、どう抵抗しても、その展開になっていきます。

 

 

それでも、預言のシナリオにならない様に、

運命を変えようと、行動していきます。

 

 

今回は、「運命」について考える回になると思います。

 

 

話の中で、天使が、この出来事に関わっています。

 

 

物語の中では、天使は、預言者の言う事は、

絶対で、預言を変える事は出来ないと言いました。

 

 

「預言の言葉は絶対だから」

 

 

と天使は、預言を変えようとする二人の兄弟に、

協力しようとはしませんでした。

 

 

ディーンとサムにしては、その預言通りになると、

悪夢の様なシナリオが展開されるので、何とか

阻止しようとします。

 

 

色んなアニメやドラマでも、タイムリープ

時間をテーマにした物語があります。

 

 

「このままでは最悪の未来がある

→それを阻止しようと過去または、

現在から未来を変えようとする」

 

 

という展開がされていると思います。

 

 

今回の話でも、預言者の見た未来にしない為に、

二人は、なんとか運命を変えようとします。

 

 

個人的に、未来や運命は変えられると思っています。

 

 

占いの仕事に携わっていても、あくまで、

一つの未来や可能性を暗示するのに過ぎないと、

鑑定をしていて感じます。

 

 

顧客の中には、「絶対にこうなってほしい!」

 

 

と、都合の良い答えを用意して欲しい方が

たまにいます。

 

 

けれども、「必ずこうなる」という保証はありません。

 

 

例えば、勉強して、いい大学に行き、

一流企業に勤めれば、幸せになれるという、

未来は、絶対でしょうか?

 

 

私自身、某大手の生命保険に勤めていた事がありました。

 

 

しかし、会社に勤めるキャリアの先が見えた分、

逆に、未来がないと思いました。

 

 

確かに、上司や先輩の小言や満員電車で、

ぎゅうぎゅう詰めになりながら、ストレスを

抱えても、給料が貰えればいいと、

 

 

そう割り切っている人もいるでしょう。

 

 

私の勤めていた所は、4〜5年も経てば、

年収500〜600万円は、貰えたでしょう。

 

 

そこから、ノルマを達成して、成績を収め、

地位を上げ、支社の社長になると、運転手がつく、

そのような報酬もありました。

 

 

そこまでの野心がなくても、10年以内には、

約700〜800万円は、少なくとも貰えます。

 

 

一般の人から見ると、その様な会社で働く事が、

ゴールだと思っているのかもしれません。

 

 

しかし、その未来やキャリアに価値を感じませんでした。

 

 

体重は約20kg落ち、メンタルもボロボロでした。

 

 

もし、その会社に勤める未来に生きていたら、

命の保証すらなかったのかもしれません。

 

 

自分の運命は、自分で決めるモノですし、

それを他人が決めたレールに従う義務もありません。

 

 

(たとえ、相手が天使や悪魔であろうとです。)

 

 

自分で、未来を預言する形で、最高のシナリオを

創った方が、人生は楽しいと思います。

 

 

運命は、常に私たちそれぞれの手で、変える事が出来ます。

 

 

今の私たちは、あくまでも、

 

 

「現在の状態だと、こうなるかもしれない」

 

 

という、一つの傾向やパターンなのです。

 

 

私たちの行動次第で、新しい可能性を生み出し、

新たな道で、人生を生きる事ができるでしょう。

 

 

「どうせ自分の運命なんて…」

 

 

と悲観するよりも、「自分の未来は、自分で創る!」

と、希望を持てる様に意識していきたいですね。

 

 

ディーンとサムも、世の終わりという、

未来を変える為に、奮闘しています。

 

 

その未来が、どうなるのか、二人の行方を

見守りながら、次回の物語を楽しみにしています。

 

 

ありがとうございます。 

 

 

まる。

(「SUPERNATURAL」は、Amazonプライムで無料で観られます。

↑↑クリックして、30日のお試し期間で、視聴してみる。