まる。っとぶろぐ

好きな事を、好きなだけ、まる。っと発信。

おむすじころりんのおにぎりが絵本から飛び出てきました。

  

 

 

まる。です、

 

 

私と恋人がお気に入りのおむすぶ屋さんで、

日本昔ばなしを再現してしまいました。

 

 

事件の舞台は、米屋の手作り、おにぎり多司さん。

 

 

f:id:marutime:20210204172608j:image

 

 

愛知県では、有名なおにぎり屋さんで、

県内に10店舗以上ある人気店です。

 

 

twitter.com

 

 

おにぎりのサイズは、コンビニで売られている

おにぎりのおよそ2倍。

 

 

にも関わらず、値段が、100〜200円と

とてもリーズナブルなお値段で提供してくれています。

 

 

私自身、多司さんの存在を知ったのは、

恋人と出会ってからでした。

 

 

「学生時代に、知っておけば…」

 

 

と、バスケットボールを追っかけていた

当時の自分でしたら、毎日の様にお世話に

なっていたに違いないお店です。

 

 

時折、お昼ご飯のお共にしている、

多司さんのおにぎりですが、安くて美味しいので、

つい多めに買ってしまいます。

 

 

f:id:marutime:20210204172624j:image

 

 

以前、買った時は、8個買いました。

 

 

(お昼ご飯には多過ぎたので、夜にも回しました)

 

 

おにぎりをパッケージから取り出して、

お皿に盛ったのですが、なんという事でしょうか。

 

 

日本昔ばなし、「おむすびころりん」のおむすびが

絵本から飛び出た様な、風景になりました。

 

 

ちなみに、「おむすぶころりん」とは、

おじいさんがお昼ご飯に食べるおにぎりを

滑らして、ネズミの国へ落とした話です。

 

 

すると、ネズミたちが楽しく歌い、

またおじいさんが、おむすびを落とすと、

再び、ネズミたちが歌い…

 

 

と、おにぎりがキッカケで、物語が動いていく内容です。

 

 

私も、幼い時に、観た事があったのですが、

その時に映っていたおにぎりが美味しそうでして…

 

 

特に、いじわる爺さんが大量のおにぎりを

作るシーンがあったのですが、そのサイズ感といい、

とても美味しそうでした。

 

 

(その大量のおむすびを、風呂敷から雪崩の様に、

ネズミの国へ流していたのは、酷い様でしたが。。)

 

 

昔話のアニメや絵本を観た事がある人は、

こんもりとした美味しそうな食材を

一度は食べてみたいと思った事があると思います。

 

 

それが、20年以上の時を経て、

現実となり、味わえたは嬉しい気持ちでした。

 

 

多司さんのおにぎりは、お米だけでなく、

中身の具材も、途中で、お茶碗のご飯が

欲しくなるほど、ボリューミーです。

 

 

コンビニのおにぎりにはない、

具材や季節限定のおにぎりもあります。

 

 

(個人的に、うなぎやキクラゲが、お気に入りです。)

 

 

このおにぎりと、お味噌汁があれば、十分です。

 

 

そんなシンプルなご飯でも楽しめる、

多司さんの美味しい、おにぎりでした。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。