まる。っとぶろぐ

好きな事を、好きなだけ、まる。っと発信。

「そうだ!京都へ行こう!」京都熱が高まった話。

f:id:marutime:20210316183926j:plain

  

 

 

押忍!

 

 

オラ、まる。ちゃん、

 

 

今回は、京都へ無性に行きたくなったの巻、

 

 

話のキッカケは、最近の現場作業で

一緒にいたお客さんとの会話からだった。

 

 

かなり山間にある現場だったので、

トラックで送迎してもらい、その道中で、

京都の話が出てきたのである。

 

 

そのお客さんは、30年近く京都に住んでいて、

歴史の教科書に載っている様な場所が近く、

 

 

話を聞いていて、めちゃくちゃ羨ましかった。

 

 

私自身、歴史が好きで、特に、

司馬遼太郎の書籍をよく読んでいた。

 

 

竜馬がゆく」はもちろん、「太閤記」や

坂の上の雲」など、歴史小説が好きなのである。

 

 

(「竜馬がゆく」は、5周以上読み込んだほど、

一時期、ハマっていたほどである。)

 

 

 

 

その舞台に、よく京都が描かれており、

たくさんの歴史の人物にゆかりのある場所が多い。

 

 

そのお客さんは、近くを歩けば、

やれ池田屋事件寺田屋事件の舞台だ、

やれ豊富秀吉と明智光秀の天王山の戦いだと、

 

 

フラッと買い物に行けば、歴史的な場所が

そばにあるという、生きた教科書を毎日、

学べる環境にいるのは、

 

 

机の上や、文字だけでは学べないものを

体感できて、いいなと正直に思った。

 

 

ちなみに、京都に最後に行ったのが、10年前、

 

 

今回のトラックの中の会話で、

京都熱が燃え始めるとは夢にも思わなかった。

 

 

他にも、京都の美味しいご飯屋さんを聞いてみた。

 

 

つけ麺は、「麺屋たけ井」、

 

 

menya-takei.com

 

 

しかし、お客さんは、魚介系のスープが多い、

つけ麺が苦手で食べらないとの事、

 

 

以前、東京のとある、ラーメン屋で、

とんこつ系の濃いラーメンを食べた所、

 

 

一緒にいた同僚は、わずか10分でトイレ、

 

 

その後を追うかの様に、20分後に、

トイレに行ったほど、濃いラーメンを

体が受け付けず、その話で、腹を抱えて笑った。

 

 

関西気質で、本当におもしろおかしく

話すので、このラーメンでお腹を下した話は、

忘れられないであろう。

 

 

あとは、抹茶の美味しいお店、

 

 

以前、宇治に行った時に、

辻利」の抹茶がとても美味しくかった。

 

 

本当に美味しくて、また京都を訪れた時は、

宇治の本店で、必ずあの抹茶をいただきたいと

決めているほどである。

 

 

(ネットで探すと、「そうそうこれ!」となるほど↓↓)

 

 

 

 

しかし、お客さん曰く、「他にも美味しい抹茶がある」との事、

 

 

宇治田原町笠置町に、まだ見ぬ、かなり美味しい

抹茶のお店があるとは。。

 

 

(例えば、このお店↓)

 

 

お茶の郷 木谷山(おちゃのさと きたにやま) | 宇治田原町 観光情報サイト

 

 

抹茶は小さい頃から大好きで、

ソフトクリームに抹茶味があれば、

ほぼ必ず抹茶にしていた私にとって、

 

 

抹茶の情報は、要チェックな案件であった。

 

 

あとは、京都と言えばお寺で、

仁和寺(にんなじ)や銀閣寺が

おすすめスポットだった。

 

 

(隣の奈良県にある、長谷寺も、

デートスポットにうってつけの場所との事で、

密かに、メモっていた。)

 

 

1時間ちょっとだったが、トラックの中で、

かなり濃密な時間を過ごしていた。

 

 

こんなにも現場が楽しいとは、かなりラッキーだった。

 

 

あっという間だったが、

「そうだ!京都へ行こう!」と、

京都への熱いパッションが高まった、

 

 

今日この頃であった。

 

 

追伸:

 

 

ちなみに、京都といえば、

私の大好きなアーティスト、倖田來未の故郷である。

 

 

以前、伏見稲荷近くの、地元である、

「萬福」というラーメン屋さんに行った事がある。

 

 

www.man-puku.com

 

 

そこは、くぅちゃんも通うほど、

有名なお店で、多くのファンも、

食べにいく美味しいラーメン屋である。

 

 

(店内には、くぅちゃんの写真が飾ってある)

 

 

「京都」の言葉を聞くだけで、テンションが上がるのは、

くぅちゃんの影響も強い。

 

 

久しぶりに、「萬福」のラーメンと、

くぅちゃんおすすめの焼きブタを堪能したくなった。。

 

 

伏見稲荷といえば、あの鳥居が大量にある、

有名な神社なのだが、そこをスルーして、

真っ先に行った、思い出深い土地だった。

 

 

あとは、伏見稲荷の駅からほど近い、

くぅちゃんもおすすめしていた、

パン屋さん、「都麗美庵」があった。

 

 

あんぱんで有名なお店で、いつも売り切れで、

「今度こそは…」とリベンジを誓っていたが、

 

 

調べてみると、閉店になったらしく、

「食べてみたかった。。」としょんぼりした、

 

 

今日この頃でもあった。。

 

 

まる。