まる。っとぶろぐ

好きな事を、好きなだけ、まる。っと発信。

養老の滝へエネルギーをフルチャージ!

 

 

 

押忍!

 

 

オラ、まる。ちゃん、

 

 

今回は、養老の滝に行ってきたの巻、

 

 

森や海とか、自然の中で過ごす時間が

大好きなウチにとって、養老の滝は、

お気に入りの場所である。

 

 

前回、行ってからどれだけ経ったのか、

調べてみたら、5ヶ月近く行っていなかった。。

 

 

marutime.hatenablog.com

 

 

あの時のリフレッシュできた感動というか、

都会から離れた自然の中にいて、とてもリラックスした

あの感覚は、とても良い体験だった。

 

 

そういう訳で、久しぶりに、養老の滝へ行ってきた。

 

 

現地に着くや早々、「あぁ、こんな感じやったな。。」

 

 

と、目的地の滝まで続く、登り坂を見て、

その大変さを思い出した。。

 

 

f:id:marutime:20210415183733j:image

 

 

その時は、恋人がヘロヘロの状態でバテて、

途中で休憩を挟みつつ、お互いに水をガブ飲みしながら

冬なのに、汗をかきながら登っていた。

 

 

あれから約5ヶ月、今回は、ほぼ休息をせずに、

トントン拍子に登る事が出来た。

 

 

しかも、水分補給もせずにである。

 

 

(これは、水筒に水を入れ忘れただけなのだが。。)

 

 

滝に近くなるほど、登る坂の斜面も

キツくなってくるのだが、息もゼーゼーと、

ランナーがゴールした後の様に上がらず、

 

 

景色を見る、余裕を持ちながら、楽しい道中を送った。

 

 

f:id:marutime:20210415183802j:image

 


f:id:marutime:20210415183806j:image

 


f:id:marutime:20210415183935j:image

 


f:id:marutime:20210415183811j:image

 

 

そして、久しぶりに辿りついた滝の麓。

 

 

f:id:marutime:20210415183839j:image

 


f:id:marutime:20210415183930j:image

 

 

マイナスイオンがこれでもか!、という位

めちゃくちゃ出ていて、すごく気持ちが良かった。

 

 

f:id:marutime:20210415183857j:image

 

 

「ずっとここにいたいわ…」

 

 

と、感じるほどの居心地の良さだった。

 

 

滝の行く前日までは、かなりハードなスケジュールで、

現場の仕事をしていたので、これまで溜まっていた

疲労が、とても癒された。

 

 

養老の滝のある、山に入ってからは、

iPhoneの充電器のコンセントが背中に刺さって、

充電されている感覚で、

 

 

エネルギーがフルチャージされて、かなり元気になった。

 

 

ドラゴンボールでいう、気を溜める感じで、

このままスーパーサイヤ人になりそうな勢いで、

かなりのパワーをもらった気がした。

 

 

マイナスイオンをもらい過ぎて、

自分がマイナスイオンになってプラスになった、と

訳のわからない迷言が飛び出たほどである。

 

 

とにもかく、前回の時から、さらに、

パワーがチャージされて、スッキリした。

 

 

個人的には、毎月1度はここに来て、リフレッシュする

休養ルーティーンに取り入れようと思っている。

 

 

空気も水も、美味しいし、食べ物も美味しい。

 

 

いずれ、登山グッズを揃えて、養老の滝の山の中を

トレッキングしたい程、この場所が好きになった。

 

 

名古屋という都会の中で、生活をしているので、

定期的に、自然に囲まれた場所で行く事は、

大切だなと、実感している。

 

 

パワースポットが、全国各地にあるけれども、

養老の滝の様に、自然豊かな場所が、

一番のパワフルなスポットだと思う。

 

 

改めて、自然の凄さを感じた時間だった。

 

 

それから名残惜しく、来た道を戻る事になるのだが、

実は、今回のメインは、滝に行く事ではない。

 

 

むしろ、ここまでの話は、プロローグの内容でもある。

 

 

今回のメインイベントは、この後にあるのだが、

それは後日のブログで、続きを話していこうと思う。

 

 

滝の写真を、携帯の待ち受け画面にして、

見ているだけで癒される、今日この頃であった。

 

 

まる。